ヘバーデン結節.com

へバーデン結節の予備知識

■へバーデン結節の体験談

ヘバーデン結節は、まだ決定的な治療法がなく、治療が思うように進まなかったり、長い間、通院している方も多いようです。 ヘバーデン結節を体験した人の中には、パロチンという、もともと目の白内障の病気に使われている薬を処方され、実際にヘバ ーデン結節が治ったという人もいるそうです。ただ、なぜパロチンがヘバーデン結節に効果があるのかはまだ不明です。ヘバー デン結節に限らず、薬の中には、メカニズムは不明なままで効能が認められている薬もあり、パロチンもその中の一つかもしれ ません。

これ以外にも、ヘバーデン結節に効くものとして、漢方薬やサプリメントなどもいろいろ紹介され、効果があった、という体験 談を聞きます。しかし、ヘバーデン結節を早く治したいからといって、よく調べないで服用することは危険なので、くれぐれも 注意することです。整体などで治療を受ける場合、初め、週に1回通い、痛みはそのたびに無くなるものの、病院へ行く時には 痛みが戻っている、という状態を繰り返す人が多いようです。

それでも、次第に痛みの程度は減り、一ヶ月ほどすれば、月に2回のペース。二ヶ月目からは月1回のペースで通院。そのよう にして通院するうちに無理をしたときに痛む程度になった、というケースが多いみたいです。要は、傷むところは極力使わない ようにして、こまめに治療を受けること。症状が重い場合は通院の回数を増やすこと。このようにしてじっくり治療に取り組め ば、完治までは行かないまでも、悪化は防げた、というのがヘバーデン結節の人に共通した体験のようです。

ヘバーデン結節になると、自分も年をとったのか、と感じたり、痛くて仕事が出来ず、このまま手がダメになってしまうのでは 、と不安になる人も多いようですが、実は、ヘバーデン結節に悩む人は意外と多いのです。そして、適切な対処をすれば、1年、 長くても3年ほどで痛みは消える、と言われます。このため、あまり深刻になることはありません。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2010-2013 ヘバーデン結節.com All Rights Reserved.