ヘバーデン結節.com

へバーデン結節への対処

■へバーデン結節の予防法

ヘバーデン結節の場合、第1関節が痛むときは安静にすることです。痛くても指を使わなくてはいけないときは、テーピングする とよいでしょう。普段でも、指先に過度な負担がかかるることを避けます。手指の使いすぎによる指の痛みの場合、原因となる 作業をしばらく止めて、指を休ませることが大切です。

結節が出来ていれば、やはりできるだけ指を使わないようにします。治療は、局所の安静、はり薬、塗り薬、テーピングなどが 中心となります。痛みや炎症が強い場合、消炎鎮痛剤を使用します。テーピングは局所の安静と変形の予防にもなります。ヘバ ーデン結節は姿勢の悪さも関わってくるようなので、予防には、普段から姿勢にも気をつけたほうが良いみたいです。

たまに、体全体の健康も含めて、ストレッチなども行なうことです。手の血行を良くすると、指の第一関節の軟骨が再生されや すくなります。これには、グーパー体操も効果的なようです。グーパー体操は、両手を心臓より高く上げ、手を握ったり、開い たりします。これを1セット10回、1日5セット行います。

指の関節の痛みの場合、・就寝前に、手首から指先まで指1本1本毎に、よくマッサージして血行を良くする。・指全部の関節を しっかり使って、握ったり、開いたり、グー ・ パー運動をよく行なう。・祈るように両手を組み、肘から手首までもよく回す 。・炎症抑制作用があるビタミンCを、サプリメントなどで積極的に摂る。こうしたことも心がけるようにしましょう。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2010-2013 ヘバーデン結節.com All Rights Reserved.